2018年09月23日

2018/9/22 第二十七節 vsFC東京

さてどう書こうか。

と言ったところで、もう既に最初から出鼻を挫かれてんですよ。

一文目を一気に変換かけたら、最初に出てきたのが「さてどうか効果」。
うっへ~。思わぬところで区切られた。「さ て ど う か こ う か」たった八文字なのに、こんなことになるもんだろうか。「ここでは着物を脱いでください」と「ここで履き物を脱いでください」の呪いが、43年の時を経てまさか自分の身に降りかかって来ようとは。

でもまあね、考えようによってはボクが悪かった要素もあるのかもしれないですよ。こまめに区切り、「どう」までで一旦変換かけた方が良かったのだろうか。無垢なIMEに無用な混乱を与えてしまったのか。ごめんよIME。ボクの気配りが足りなかったんだ。今どき気配りの一つもできない人間は存在価値を認められない世の中ですからね。ボクが悪かった、反省するよ。

で、ですよ。そんなこと言ってもボクだって唯のアホウじゃないですから、その反省を基に、素直に「書こうか」って打つじゃないですか。その結果が今度は「加工か」の洗礼。ぬぬぬぬぬ。でも挫けない。もう一度変換キーを叩いてみる。「下降か」チックショッ、どんだけ人を試しやがんのかこのクソIME。

閑話休題

いつも通り軽々と常軌と時機を逸してますけど、先日アウェイ・サガン鳥栖戦がありました。ここのところ生活からブログをすっかり消し去っているボクでしたが、サンフレッチェ広島のあまりの負けっぷりに久々のカンシャクが大暴発。ブログ村に殴り込みをかけようとページを開いたわけです。

と、サガン鳥栖戦の感想を書くために先週末の時点でここまで手をつけていたんですけど、なんだかグズグズしている間に第二十七節ホームのFC東京戦すらさえも終わってしまった。

今節FC東京戦の個人的トピックはですね、うちの会社のJリーグ初観戦さんが、お知り合いを伴ってエディスタにお越しになったことですね。と書けばまるで「ボクがサンフレッチェ広島ファンを増やしたぜ」的に聞こえかねませんが、何のことはない、会社の抽選で券が当たっただけだそうです。試合は残念だったけど、久々にお客さんも沢山入ってたし、どうじゃろ、初サッカー観戦楽しく思ってくれんさったかのう。

かく言うボクはですね、そんな楽しくなかったです。だって勝てなかったから。ボクね、やっぱ「試合は勝ってナンボ」って面が多分にあると思うんですよ。なんだかんだ言っても、本質的には勝たんと面白くないんですよ。「試合を見た皆さんが感じられたとおり、内容的には我々のほうが素晴らしいサッカーをしていた」なんてのは、ギャグとしては面白いかも知れないけどボクの心には何ももたらしませんからね。

そういう意味で、ホント昨日は残念でした。サガン鳥栖戦でも思ったけど、相変わらず球際弱いなあ、一人でボール持ちすぎなんだよなあ、縦パス急ぎすぎなんだよなあ、もし来年パトリック選手が居なくなったらどうなるんだろうなあ。

いよいよ本格的に、優勝に暗雲が垂れ込めてきたよ。でもこういう状況を楽しめる人間になれたとしたら、ボクはサッカーファンとして一歩前に進めたってことになるのかなあ。


kuroneko_fuji at 08:31コメント(0) 
サッカー 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索